日蓮大聖人 創価学会政党つくったの日蓮大聖人様の教え的正


日蓮大聖人 創価学会政党つくったの日蓮大聖人様の教え的正。正しいはずです。創価学会政党つくったの、日蓮大聖人様の教え的正いこなのでょうか 創価学会政党つくったの日蓮大聖人様の教え的正いこなのでょうかの画像をすべて見る。日蓮大聖人。創価学会は。日蓮大聖人-が確立した仏法を信奉しています。大聖人
は。日本の社会史?宗教史上において。傑出した存在です。当時の既成仏教の諸
宗派と世俗の権威を批判する力強さを示す一方。信徒に送られた3「立正安国論」の提出と法難。大聖人が鎌倉での弘教を開始された当時。毎年のように。異常気象や大地震など
の天変地異が相次ぎ。大飢饉?火災?疫病伝染病などが続発していました。
特に。正嘉元年1257年8月に鎌倉地方を襲った大地震は。鎌倉中の主な日蓮正宗公式サイト。この法華経の予言どおり。釈尊滅後2000年が経過し。釈尊仏法の功力が
なくなる末法まっぽう時代に。民衆を救済する仏として出現されたのが。
日蓮大聖人にちれんだいしょうにんです。 日蓮大聖人は。法華経の極理を御
本尊漫

公明党の素朴な疑問。公明党によく寄せられるご質問にお答えしています。 公明党のなりたちについて
公明党と創価学会の関係は?政教一致じゃないの?

正しいはずです。日蓮大聖人の教義の元に、いくつも宗教法人がありますが、いずれも「立党は日蓮大聖人の宗教上間違えているので即刻解党するべきという主張をしていない」ので。創価学会が正しいとか正しくないということは別問題。立党に関して考えを投稿しました。700年も前の日蓮大聖人やお釈迦様が「政治団体を作れ」なんていうわけない。俗物の代表である政治参入を仏教がすすめるわけないだろう。池田大作は、創価学会と公明党を守るために公明党をつくった、日本を権限を学会が握ることが広宣流布だと抜かしている。そんな池田も、贅沢三昧の生活で肝臓を壊し、女を襲って訴えられ、堕落極まる生活していたが。お釈迦様は「聖教新聞は3部取りなさい」と口を酸っぱくしておっしゃっていたらしいw教祖の釈迦も宗祖の日蓮も政治活動で有名な人達なので、まぁ、伝統ですよね。「宗教が政治力を必要とする」というのは国教の合法化のための伏線です。今の社会で実現できないものは政治力で法律化してしまえ。こういう発送で生まれたのが公明党です。つまり、当初の目的は、創価学会の国教化です。昭和40年代に、創価学会による言論妨害問題が発生し、このときに合わせて特定教団が政治干渉するのはどうなのか、と問題になったのです。今でこそ、創価学会は政教分離の原則に何ら抵触しないと言っていますが、当時は必死に「国教化の意図はない」と弁明していたのです。当時、創価学会の所属した日蓮正宗では、広宣流布人々がその信仰に広く帰依していることを成就するには日蓮正宗の教えに基づいて富士山に本門寺人類の大半である信者が参詣する根本の寺を造り、天皇家も帰依させ勅書天皇による命令書、国家には御教書今で言えば公布を発布させて国教化しなければならない、という思想があったのです。創価学会はこれに基づいて公明党を組織し、公明党を与党とする議会で各種法案を可決させ、日蓮正宗の教えを国教化する、という事を目論んでしました。ところが世間から大バッシングを受けて、当時の日蓮正宗管長の細井日達は手のひらを返して「そういう意図はなかった。今後は王仏冥合信仰と政治を一つにすること?国立戒壇国教化という事は言わない」と前言を撤回したのです。上記は、創価学会、日蓮正宗、顕正会等の大石寺系教団が日蓮の手紙だ、と主張している三大秘法鈔三大秘法稟承事に書かれている事に基づいています。一般的な日蓮系教団は、三大秘法鈔を日蓮筆とは認めていません。鎌倉時代には、今で言う法律にあたる貞永式目がありましたが、その第1条と2条には寺社についての規程がありました。しかし、今は鎌倉時代ではありませんし、政教は分離し、国家は宗教に干渉してはならないとされている世の中です。三大秘法鈔の通りにするには、日蓮の教えを国教化する必要がありますが、鎌倉時代と今とは政治システムも違えば、世間の常識も慣習も当時とは全く違います。当時の日蓮の言葉をそのまま原理的に読むことは極めて危険な事です。現在、公明党は自公で連立して与党の座にあります。これの意味するところは、公明党にとって都合が悪い法案は否決、都合が良い法案は可決される可能性を持っている、ということです。実際、宗教法人が個人情報保護法第50条の適用範囲でないのは公明党による自民党への働きかけがあったからです。日蓮大聖人は立正安国論を時の執権、北条時頼に提出日蓮大聖人自ら政治に関わったのです、この大聖人の行動から創価学会の政治進出は正しいと判断できます、日蓮仏法は立正安国に始まり立正安国で終わる、正しくありません。創価学会は日蓮大聖人と何の関係もない、宗教の衣を着た、「独善?営利?政治団体」です。詳しくはこちらをご参照ください。宗祖の日蓮大聖人は「立正安国論」を認め、当時の最高権力者「北条時頼=執権を引退?隠居し出家して僧侶に成った」に提出されました。幕府への政治批判でも有ります。第二代戸田会長の至言=「政治を監視せよ。政治を大衆の手に取り戻せ。議員は大衆の下僕で有る」創価学会の理念でも有ります。仏法の総体革命=政治へも介入し、改革を目指すのです。大衆?庶民こそ中心の政治で無ければ権力がのさばるからです。正しいことです。宗教といえば「社会から離れて、内面の世界に閉じこるもの」「山にこもって瞑想するもの」「教祖におすがりするもの」。そういう無知?偏見に満ちた宗教観が、世間では一般的です。そういう考えに基づけば、創価学会の政治進出に異様な違和感を覚え、「何かよからぬ企みがあるのだ」との歪んだ結論に至るしか術がないわけです。宗教仏法は、人々を幸福にするためにあります。山にこもって瞑想し自分だけ悟りを得ても、それで他の人が救われるわけではありません。「山ごもり」をするのは、仏法の本義などでは断じてないのです。積極的に社会のあらゆる分野に飛び込み、そして仏法の慈悲の精神を社会の中で実現する。これを「立正安国」の精神といいます。これこそが真の仏法者のあるべき姿なのです。日蓮大聖人も、自らの悟りを得ることに汲々としておられたわけでは断じてありませんでした。当時頻発した疫病や災害は、誤った宗教を国を挙げて信仰しているのが原因であり、「汝早く信仰の寸心を改めて速すみやかに実乗の一善に帰せよ」と、正しい教え南無妙法蓮華経に帰依すべきであると諫言かんげんした『立正安国論』を著して、幕府に提出しました。それが原因となって、後に幕府から執拗な迫害を受けることになったのです。「但偏ひとえに国の為ため法の為人の為にして身の為に之を申さず」安国論御勘由来と、自身の安穏より社会の平穏を願い、命懸けでこのような主張をされたのです。その後継である創価学会もまた、社会の矛盾から目をそらし、社会に背を向けて山にこもるわけにはいかないのです。政治進出の背景には、当時の歪んだ政界の実情がありました。有産階級などの社会的有力者の利益しか感心がなかった保守政党、大企業など組織労働組合の利益実現だけが目的の革新政党、この二大政党のはざ間で埋没した、零細工場の労働者や母子家庭などの社会的弱者は、全くといっていいほど政治的恩恵がなく、無視されて苦しい生活を余儀なくされていたのです。そこで、創価学会は、仏法者としてこのような政治的窮状を見て見ぬふりはできず、仏法の慈悲の精神で、この政治的歪みを正し、二大政党が関心のない庶民のための政治を目指そうと、公明党を結成して立ち上がったのです。公明党は今日まで、庶民の目線に立った政策を次々と実現させてきました。すべて「大衆のために」という、しっかりした原点があるからです。言うまでもなく、一部の悪意の勢力が吹聴するように「池田大作や創価学会員だけの利益実現」などではなく、日本国の全ての国民のためです。公明党は他政党よりも「市民相談」に熱心に取り組んでいます。その累計は、約4360万件2015年11月現在。公明党公式サイトよりにも達します。もちろん、創価学会員だけを相手にしているのではありません。市区町村議員レベルで手に余る問題ならば都道府県議員と、都道府県議員レベルでも手に余る問題ならば国会議員と連携して、一人の市民が抱える問題解決に真剣に取り組みます。このようなネットワークがあるのは公明党だけです。「問題を抱え、他の政党に相談したけど、ろくに取り合ってもらえなかった。しかし、公明党だけは真剣に耳を傾けて相談に乗り、すぐに行動してくれた」という声が、市民の中にあるのは事実なのです。それゆえ、学会員は公明党を支援します。公明党を支援するのは、自らも政治を良くする、「立正安国」の精神にかなった行動に加わっているのだという自負があるからです。公明党の議員なら、真に国民のための政治を行ってくれると信頼しているからです。宗教上の功徳がどうとか、そういう皮相的なことが目的ではありません。「立正安国」の精神に基づく、仏法的使命感に基づいているのです。

  • タテハチョウ科 この蝶はなんという蝶ですか
  • 腹筋は毎日すべき 腹筋は筋肉痛でも毎日行なっていいのでし
  • 角度BICの求め方が分かりませんの画像をすべて見る 角度
  • 今日から俺は 現代でも上司の失策を自分が身代わりになって
  • 東京卍リベンジャーズ公式 東京卍リベンジャーズの1回目の