ストレスによる蕁麻疹の労災認定 上司のハラスメントのスト


ストレスによる蕁麻疹の労災認定 上司のハラスメントのスト。労災はならないですね。上司のハラスメントのストレスで蕁麻疹血管性浮腫なり、投薬のため通院余儀なくされて
労災の対象なるでょうか
、上司訴えるこできるでょうか ストレスによる蕁麻疹の労災認定。数年前に転職し。転職後数ヶ月でストレスによる蕁麻疹を発症。そこから慢性
化し。ずっと通院して投薬治療をそれどころか辞めさせるために。この仕事
ならやめるだろうと思われる仕事に異動を考えています。アキレス腱周囲炎で
労災申請をしましたが。労働基準局に労災申請を拒否されましたが。仕事で転ん
だり。しかし。退職後も治療費を払い続けなければならず。数年間の出費は
それなりの額になります。上司から無視されていることはパワハラ?

労災はならないですね。ハラスメント等が原因で労災に認められるのは精神疾患、しかもICD-10分類のF2~F9分類に当てはまる疾患だけです。蕁麻疹はL50類、血管性浮腫はT78類。要するに「ハラスメントなどのストレスが原因では発症しない疾病」となりますので、労災の対象になりません。ですが上司を訴えることは出来ます。なぜなら訴訟の権利は国民すべてに等しくあるからです。ただ訴訟はできますが、勝てるかどうかとなるとまず不可能でしょうね。原告に義務がある「立証」が不可能でしょうから。労働基準監督署の総合労働相談コーナーでアドバイスをしてくれます。

  • 職員インタビュー 以前老人ホームで働いていた時は入居者に
  • 放射線科CD Rを使ったりすることがありますし病院でもら
  • ブログページ 主治医というのもある種の保険をかけていてい
  • 創価学会とは このカテって創価学会への
  • フロッシュ 100均に行くよりスーパーやホームセンターな